FC2ブログ
2007.04.12 おじさんの農場
牛のあかちゃん

生まれて間もない牛のあかちゃんたち。
この牛たちは、生まれてすぐにお母さんから離されてしまいます。
お母さんから直接、お乳を飲むことができないんです。
たくさんの牛乳をとるためだけでなく、病気を防ぐためでもあるそうですが、
よく考えるとすごくかわいそう

はじめの数日間は、牛乳を哺乳瓶で飲ませます。これは免疫をつけるためだそうです。そのあとは粉ミルクを与えます。
最初は、病気を防ぐため、一頭一頭、別々の囲いの中にいれます。
3~4週間後にはここを出て、他の子牛と一緒になります。
そのあと成長と性別にあわせて、ふりわけられていくそうです。

この牛の赤ちゃんたちがはいっている檻のような囲い。
実はパパのおじさんが、20年まえに開発したそう。
底がなくて地面の上にわらをしいてその上に置いています。
糞などで汚くなったら、移動させ新しいわらの上におきます。
そのあとは、汚れたわらを取り除き、日光で自然殺菌されるという仕組み。
これの繰り返しで、作業の効率も良く、衛生的にもとてもよいということです。
なるほどね~、こういうところでもいろんな工夫があるんですね。
おじさんの農場に行くといつもいろんな発見があります。

まいちゃんは動物好き。もちろん牛さんも大好き
頭をなでなでしたいな~なんて近寄っていきましたが、
逃げられてしまいました

牛さんだいすき~☆


牧場の後ろ側では、トラクターで畑を耕しているところ。
広い畑♪

実はこのトラクターを運転しているのはパパのいとこの長男で14歳。

よく働くね~!

こちらが次男11歳。
どっちも小さいときからトラクターを運転しているんですよ~。
二人ともトラクター大好き
やはり育った環境が大きいのかしら
うちのパパも8歳からトラクターを運転しています。
みんなすごいなあ~。
イタリアにきて、農業のこといろいろ知ることになったけど、
農家にお嫁にくるなんて、ほんと想像していなかったなあ・・・
でも知らなかった世界をいろいろ知ることができたし、いろんなお勉強になってよかったんだろうなぁ
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kirari0731.blog92.fc2.com/tb.php/29-eae9e9a0