FC2ブログ
2007.12.03 牛の解体
以前に豚の解体を紹介しましたが、
今回は牛です。

昨日、パパが立ち会って写真を撮ってきてくれました。

牛を殺してから、レバーや腸、頭や舌などをとったあと、お肉をやわらかくするために、
2週間ほどおいておきます。
すると筋肉などが締まり、やわらかい上質なお肉になるそうです。
スーパーなどで売られている安いお肉などは、
これが省かれ、24~48時間ぐらいしかおかれていないそうです。
また牛の種類などによってもちがうらしいのですが、
キアニーナ牛などの大きな牛は10~15日間ぐらいおかれるのがベストだそうです。

牛の解体


牛の解体2


牛の解体3


そのあとは、こうして解体されていきます。
この牛は少し小さめで370キロでした。
でもこうしてみると、大きいですよね。。。

Tボーンステーキ


これがTボーンステーキになるところです。
分厚く切って焼かれて、フィレンツェ風ステーキになるわけですね~☆

お友達もお肉を買ったので、届けに行ってきました。
そして、私たちもごちそうになりました♪

ステーキ☆


ボリュームたっぷりでおしかったです♪
お腹いっぱいになって、またまた食べすぎ。。。(汗)

このあと、我が家ではしばらくお肉禁止令をだしました~(笑)

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kirari0731.blog92.fc2.com/tb.php/220-090e5c74