FC2ブログ
2007.03.18 断水のあと・・・
断水があった後は、きまって茶色の水がいっぱいでてくる。
昨日もまた、汚い水がいっぱいでてきた
ある程度流して、きれいな水になったと思いきや、けっこう次の日まで
ひきつづいたりするのがちょっと難点。
昨日もお風呂の時間、水をはったらびっくり
まっ茶色~
今まで一番ひどいかも・・・
こんなまっ茶色の水、節水をこころがけてはいるけど、
いくらなんでもこのお風呂にははいれない
全部捨ててまた入れなおし。
ひえ~こんどは緑の水に
ほんと水がもったいない
それに水道代も高い
さすがにたまりかねたパパ、めずらしく苦情の電話をかけると言い出した。
向こうの都合で断水されて、その後出てきた汚い水のお金も払わされたんじゃ
たまったものじゃない

パパ、「何の知らせもなしに断水されたら困るんですよね~、まあ、それは目をつぶっとく
ことにしますけど・・・」と皮肉。
総責任者に電話を渡されて、一部始終を説明。
茶色の水について、「絶対そんなことありえませんよ~」の繰り返し。
絶対に認めることはしない。
この断水の原因は、建築中の家の作業員が2本の水道管を壊してしまったということ。
もっと注意して仕事をしてほしいものだ
とりあえず、点検をしにくるらしい。
最後に、「この水、かなり硬いですよねー」とついでに一言。
「いやそんなことはないです。私は毎日飲んでますけど、完璧な水ですよ!」
って、自信満々すごいや~

今朝、言っていたとおり、点検にやってきた。
「元栓のところをはずして調べてみるんですが、まだ汚い水がでてますか?」と聞かれ、
「分かりません」と答えると・・・
「もしもうきたない水がでていないのなら、はずして調べないので・・・」
って、無駄な労力を使いたくないのがイタリア人
わざわざやってきたのに、そんなこと聞かなくても調べればいいと思うんだけど・・・。
仕方なくお風呂に水を入れて確かめると、
やっぱり少し茶色い。
点検のため、また水をとめられてしまった
洗濯も途中だったのに・・・

点検がおわり、「ちゃんと確認したので、もうすごいきれいな水がでてきますから」
といって帰っていった。
そういわれても、半分も信用していない私・・・
洗濯を再開。
ジャーっとまっ茶色のお水がいっぱいでてきた
やっぱりね~
この茶色のみずが洗濯機に入ると、洗濯物が茶色に染まってしまうので、
あわてて取り除いた。
もう起こる気にもならないよ~

水は大切な資源
そこのところをもう少し、深く考えてほしいなあ

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kirari0731.blog92.fc2.com/tb.php/18-3de39d51