--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.30 美しいのはどの牛?
今日から3日間、近くのまちで Agriumbria(アグリウンブリア)と呼ばれる、農業見本市が行われています。
農業機械、トラクター、農業器具の展示だけでなく、動物やペット、植物の展示販売、各地の特産物の試食、販売などなど、農業に関する幅広い分野の見本市がみられます。

毎年この時期に行われるのですが、うちのパパはこの見本市が大好き
もちろん仕事でも関わっているのもありますが、いつも3日間いりびたり
それに大のトラクター好き→それはおいといて・・・

昨日の夕食後、パパは牛の毛を刈りに会場に行きました。
なんと夜中の3時まで毛を刈る作業をしていたそう
というのも、ここで毎年、牛の品評会が行われるのです。
ファッションショーのごとくに飼い主が牛をひき、うちの牛はどんなもんだいってな感じでみせまわります。どこの飼育舎のものか、両親は誰かなど、くわしく説明されます。そして審査の結果どのう牛が一番すばらしく、美しいか決めるわけです。
そこで毛の刈り方や爪がととのってるかなどという、細かい部分までみられます。
ここまでいくと、仕事の領域をこえた、趣味の世界
ほんと好きでないとわからない
あの牛の毛を刈ったのは誰だとか爪を切ったのは誰だとか、そういう話にもなってきて、そこで名前がでれば、評判が上がり、仕事が入ってくる。
パパは削蹄の仕事もしているので、そこは力のいれどころ。
でも牛の毛を散髪するなんて、今まで知らなかったなー
すべてのことにおいて、何でも中に入れば、奥深いものだけど、
まさか、牛の外観にまで、みんないろいろ手をかけているんなんて、
何事もほんとに知れば知るほど、興味深いものですね。
さてさて、今年はどの牛が一番になるのでしょう
スポンサーサイト
2007.03.28 おばあちゃんって・・・
サマータイムになって、たった1時間の差だけど、何か少し、時差ぼけぎみ。
これが、サマータイムから冬時間に変わるときはどうってことないんだけど、反対になると少しつらい。
まいちゃんも、夕食の時間に今まではお外は真っ暗だったのが、今は、まだ明るいので、
「まだお外が明るいのに、もうごばん食べるの
なんて少し不思議に思っています。
これから夏至まではどんどん日が長くなっていくので、夕食の時間どころか、寝る時間になっても明るいということもあるだろうけど・・・

そんなまいちゃん、昨日いきなりこんなことを言い出しました。
ノンナ(おばあちゃん)にむかって、
「前にお母さんが言ってたけど、ノンナってお父さんのお母さんなの」と。
えーーーーー、今までわかってなかったの
そしてノンナが
「ノンノ(おじいちゃん)はお父さんのお父さんなのよ」というと、
まいちゃん、一瞬、目が点
理解するのに少し時間がかかった様子
そんなことわかっていると思っていたのに・・・
結構、子供ってわかりそうにないことをちゃんとわかっていて、
わかっているだろうと思っていることが案外わかっていなかったりする。
ほんとおどろかされることがいっぱい

今度はパパが帰ってきてから、またパパに向かって・・・
「わかったことがあるんだけど、ノンナはお父さんのお母さんでしょノンナが言ってたよ。」
パパもびっくり
「えっ、そんなこと知らなかったの
「知っていたけど、わかっていなかったの」と何かわけのわからない返事。
そこで私たちがまた質問。
「じゃあ、日本のおばあちゃんは誰?」
まいちゃん、んーって頭をなやませてたけど、
「まいちゃんのお母さんのお母さんだ
ってやっと理解ができた様子。
今まで、てっきりわかっていると思っていたのに・・・

こんな何気ないことだけど、いろんなこときちんと説明しないといけないんですね。
子も親を育てるというように、いろんな発見をしながら、親も子と一緒に育っていくんだろうなあ

2007.03.25 うさぎさん
おちびちゃん

うさぎのあかちゃんたちです。ピーターラビットのようでかわいいでしょ
うちのペットで~すといいたいところですが・・・
家畜ですつまり食用
といっても私は食べません
食べたことはありますが、どうも苦手
から揚げなら、なんとか食べれるけど、たべなれていないせいもあるし、少しくせがあって好きになれません。
こちらの人はほんといろんな動物のお肉をたべます。
鳥類はけっこうおいしいですけど、野生の物はちょっと苦手ですね。
以前にやまあらしをだされた時はちょっとひきました
日本でも昔の人はいろんなお肉を食べていたんでしょうね。
ここに来る前はイタリアでも鳩を食べるなんて思ってもみなかったし、
いろんなおどろきがいっぱいです
都会に住んでいたら、まず、やまあらしを食べることにならないでしょうけどね(笑)
いや、もちろん私もさすがに食べませんでしたけど

うさぎさん☆


うさぎさん、みてるとほんとにかわいい
でも、いつか絞められるんですよね・・・考えると残酷
でも牛肉も鶏肉も豚肉も同じだから、うさぎさんだけがかわいそうというのもおかしいですけど。
パパのお母さん、かわいがってるけど、最後には自分の手で絞めてしまう・・・
ほんとすごいなあと思う。
私にはどうしても無理だなあ
お母さんにはほんと申し訳ないけど、それだけはお手伝いができません。
お母さんもわかってくれているけど、鳥の毛をむしるのもできないし・・・
ほんと悪い嫁だ
これから先、できるようになるのかな
やっぱり絶対無理だろうな私には
みなさんならできますか

にゃんことちびうさぎ

2007.03.21 復活祭にむけて・・・
今年の復活祭(Pasqua パスクワ)は4月8日の日曜日。
パスクワはキリストの復活を祝うお祭りで、春分後の最初の満月の後の日曜日に祝われるので毎年、日にちが違います。

そのパスクワに向けていろいろな準備が行われるわけですが、
まずは、牧師さんが、一軒一軒のお家を訪れます。
これは、その人の家と家族に神の加護がありますようにと祝福を与えるためです。
その日のためにみんなは家の大掃除をして牧師を迎える準備をします。といっても、だいたいみんな日頃からお家をきれいにする習慣があるので、たいていのお家はその必要がないんですが・・・。

パパのお母さんの家はもう少し前におわりました。うちは来週です。
聖書、ろうそく、聖水、オリーブなどの小枝を白いテーブルクロスをひいた
テーブルの上に用意して迎えます。
牧師さんと一緒にお祈りをするのですが、キリスト教徒でない私にとっては、
ちょっときついものが・・・特にパパがいない時は最悪
まあその辺は牧師さんもわかっているところだから、なんとかなるんですが、
お祈りはどうも苦手です

余談になりますが、お祈りの苦手な私だけど、実は教会で結婚式を挙げたんです。普通なら(片方がキリスト教徒でない場合)市役所(comune コムーネ)で、簡単な式をすることが多いので、もちろん、私たちもコムーネでと思っていたら、牧師さんから電話がかかってきて Il matrimonio misto(混合結婚式)というのが教会でできるよということ。
宗教熱心なパパのお母さんはそりゃまあ大喜び
そういうわけで、教会で結婚したわけです。
宗教的な結婚という儀式を体験できたのは、ほんと感動的でした

それはさておき、パスクワに向けてのもう一つの大仕事があります。
それはトルタ作り
トルタといっても甘いケーキではなくて、チーズがたくさん入ったパンのようなもの。あとパネットーネに似た、砂糖漬けの果物や干しブドウがはいったものの2種類。
これを作るのが恒例なんですが、またたくさん作るので、かなりの重労働大きな桶でこねます。これはお母さん流ですが・・・
石釜の薪オーブンで焼くので、これがまたおいしい
だいたい田舎の人はお庭に石釜のオーブンを持っていることが多いです。
おてづだいが一日ががりになるのでたいへんですが、おいしいトルタのためがんばらないと!
トルタ作りに関してはまた報告しま~す。

子供にとってはイースターエッグをもらうのが楽しみ
スーパーではいろんな種類がたくさんならんでいます。
でもうちの子はなぜがチョコレートがきらい
でも中身のおもちゃは欲しいので、うれしさは同じです
ここでもおもちゃ業界の作戦がでていて、イースターエッグの延長で、
いろんなおもちゃのはいった箱などが売られている。
またCMがたくさんされたいるので、うちの子も目移りしまくり
何かイベントごとにこうおもちゃを売られてはたまったもんじゃない

さて今年はどんなパスクアになるのかなあ・・・



2007.03.20 父の日
昨日、イタリアでは父の日でした。
まいちゃんは幼稚園に行くのをすごく楽しみにしていました。
前から、何かこの日のためにつくっていたからです。
幼稚園から持って帰ってきたお父さんへのプレゼントはこれです。

父の日のプレゼント

リボンのかたちに切って、水玉模様も色塗りしたそうです。
中には何が書いてあるのかな
 
早くお父さんにみせたくて、パパが帰ってくるまで、
まあうるさいのなんのって、
「お父さんに、電話して~」やら
「早くお父さん帰ってきてほしい!」やら、
何回言ったことか・・・

やっとパパが帰ってきて、大喜びでプレゼントしました
中身はこうなっていました
お父さんへ☆

詩とまいちゃんの写真がはってありました

詩の内容は

         私のお父さんへ

       大好きなお父さん
       お父さんの近くにいると幸せを感じます
       私を見るとき、私の手をつないでくれるとき、
       すごくすごく遠くに行くことができます
       
       父の日に
       大好きなお父さん、
       たくさんの幸せを祈っています


シンプルでとてもかわいい詩でした。
パパも大喜び
こんな気持ちでいつまでもいてくれたらいいな・・・

2007.03.18 断水のあと・・・
断水があった後は、きまって茶色の水がいっぱいでてくる。
昨日もまた、汚い水がいっぱいでてきた
ある程度流して、きれいな水になったと思いきや、けっこう次の日まで
ひきつづいたりするのがちょっと難点。
昨日もお風呂の時間、水をはったらびっくり
まっ茶色~
今まで一番ひどいかも・・・
こんなまっ茶色の水、節水をこころがけてはいるけど、
いくらなんでもこのお風呂にははいれない
全部捨ててまた入れなおし。
ひえ~こんどは緑の水に
ほんと水がもったいない
それに水道代も高い
さすがにたまりかねたパパ、めずらしく苦情の電話をかけると言い出した。
向こうの都合で断水されて、その後出てきた汚い水のお金も払わされたんじゃ
たまったものじゃない

パパ、「何の知らせもなしに断水されたら困るんですよね~、まあ、それは目をつぶっとく
ことにしますけど・・・」と皮肉。
総責任者に電話を渡されて、一部始終を説明。
茶色の水について、「絶対そんなことありえませんよ~」の繰り返し。
絶対に認めることはしない。
この断水の原因は、建築中の家の作業員が2本の水道管を壊してしまったということ。
もっと注意して仕事をしてほしいものだ
とりあえず、点検をしにくるらしい。
最後に、「この水、かなり硬いですよねー」とついでに一言。
「いやそんなことはないです。私は毎日飲んでますけど、完璧な水ですよ!」
って、自信満々すごいや~

今朝、言っていたとおり、点検にやってきた。
「元栓のところをはずして調べてみるんですが、まだ汚い水がでてますか?」と聞かれ、
「分かりません」と答えると・・・
「もしもうきたない水がでていないのなら、はずして調べないので・・・」
って、無駄な労力を使いたくないのがイタリア人
わざわざやってきたのに、そんなこと聞かなくても調べればいいと思うんだけど・・・。
仕方なくお風呂に水を入れて確かめると、
やっぱり少し茶色い。
点検のため、また水をとめられてしまった
洗濯も途中だったのに・・・

点検がおわり、「ちゃんと確認したので、もうすごいきれいな水がでてきますから」
といって帰っていった。
そういわれても、半分も信用していない私・・・
洗濯を再開。
ジャーっとまっ茶色のお水がいっぱいでてきた
やっぱりね~
この茶色のみずが洗濯機に入ると、洗濯物が茶色に染まってしまうので、
あわてて取り除いた。
もう起こる気にもならないよ~

水は大切な資源
そこのところをもう少し、深く考えてほしいなあ

2007.03.17 納得できないこと
今日はいろんな所用のためパパのお母さんとおでかけしました
派出所の前でたくさんのおまわりさんがいたので、なにかあったのかな~なんて思いつつ
スーパに立ち寄ると、片方の出口が通行止めになっていました。
ちがうほうの出口からでて、隣のまちに行き、用事をすませて帰ってくると、
お母さんの家の近くでまた通行止め
ここではパトカーとおまわりさんがいたので、
なぜ通れないのか聞こうと思ったら・・・
「通れません」の一言。
「あの~、そこに家があるんですが~」といいかけたけど、
聞きもせず、あっちにいってしまった
なんで通れないのかという説明どころか、人の話も聞いてくれない
そんなことで警察官がつとまるのだろうか
腹をたててても仕方ないのはわかっているし、
ここはイタリア、こんなことで腹をたててたらやっていけない・・・
と自分にいいきかせるけど・・・
でもやっぱり腹が立つ

なんか事件でもあったんじゃないかと心配したのに・・・
その原因は・・・
自転車のロードレース
な~んだそんなことだったのね・・・
ってまったく人騒がせ
だって、看板でお知らせなんてまったくないんだから
ほんと信じられない。

今日はこれだけではすまなかった
家に帰って、手を洗おうと蛇口をひねると・・・
水の出が悪い・・・いや~な予感
そのあと全然でなくなった
あー、また何の予告もなしに断水
も~ほんとに信じられない。
最近はすくなくなったものの、前はこういうことがたびたびあって、
そのたびにもう怒りまくり
朝起きて水がでなかったり・・・
洗濯機をまわしている途中ででなくなったり・・・
どういうことよ~
一番許せないのは、予告が何もないこと
ほんとやってられない。こういうことが許されるのか
イタリアだからっていいかげんにしてくれ~
ちなみにまだお水がでません
2007.03.15 元気100倍!
自転車こぎこぎ
やっとなんとか咳もましになって、今日から幼稚園に元気に行きました
ちょっと一安心です
幼稚園から帰ってきたら、もう元気100倍
いつものまいちゃんに復活です
自転車で走り回る回る~
うるさいけど、やっぱり子供は元気なのが一番ですね
今日の夕食は、産みたての卵と採りたてのチコリ草を使って、
オムレツをつくろう~っと。
栄養満点のオムレツを食べて、さらに元気になってくれるかな新鮮☆

2007.03.13 いつでもパワフル・・・
いつも元気な娘のまいちゃん
昨日の夜は一晩中、咳こんで寝れませんでした
朝になって、ようやく少しよく眠れているようだったので、
起こさずに、幼稚園もお休みさせることに・・・

かなり心配したけれど、
咳はしているものの、元気

好きなテレビ番組のビデオをみながら、
咳き込みながら踊る、歌う、走り回る
と思うと、自分のお部屋に走っていき、なにやらタンスの中をごそごそ・・・
歌っているお姉さんが着ている服と同じようなものが欲しかったみたいで、
似たような物をみつけてお着替え
「髪型もおんなじにして~」と。
そして、ビデオを巻き戻ししてやりなおし
また踊る、歌う、走る・・・
とまた、走りさっていって、タンスの中をごそごそ・・・
「手袋さがして~」だって。
どうやら、お姉さんが手袋をしていたよう。
でまた踊る、踊る・・・「ごほっ、ごほっ」咳き込む
咳き込みながらも遊ぶ、遊ぶ
なんてパワフルなんだろう・・・
いつもながらこっちが疲れる

今度は私がお掃除を始めると・・・
自分のおもちゃのお掃除セットをだしてきて、お掃除、お掃除
あっちへ行き、こっちへ行き・・・
ほんと、うちの子、じっとすることができないんです
たまにはおとなしくしてほしいなあと思うけど、
元気が何より
今日の夜はぐっすりとねむって、
また明日、元気に幼稚園にいってくれますように・・・
お掃除まいちゃん

2007.03.12 お食事会
パパのお母さんは、人を招待するのが大好き
今日も親戚たちをよんでお食事会
約20人ぐらい集まって、とてもにぎやか
冬の間は、ほとんどないけど、これからあったかくなってきて、
夏になるとピークをむかえる。
毎週のように、人をよんで、お外でお食事。
多いときは40人くらいになる。
けっこう、ぞ~っとするのだ
みんなんでにぎやかにするのは、好きだけど、これがしょっちゅう続くと、
ほんと悪夢うんざりしてくる。

今日のメニューはというと、
まず前菜に、生ハムやサラミなどの盛り合わせ。
次に、ラザニア、続いてニョッキ。
メイン料理は、ガチョウのロースト、はとのロースト、ローストポテト、
それと、うさぎの煮込み、温野菜。
できたて~のガチョウのロースト
はとぽっぽ
(お手伝いに忙しくて、写真とるひまがありませんでした

最後に、おじさんちの新鮮な牛肉のステーキとサラダ。
種類が多くて量が少ないのならまだわかるけど、
量もまた莫大
こんなに肉ばかりよく食べれるもんだなといつも思うけど、
みんなよく食べる食べる・・・
だからいい体格してるのよね。
みんな、コレステロール値や中性脂肪が高いとかいわれてるけど、
そりゃ~そんな食生活してればそうなるでしょー
で、なぜか、これでもかってぐらい料理をださないとどうも気がすまないらしい。
なんでそんな無理をしてまでお客さんにたべさせなきゃならないのよーっと
私は思うけど、見栄なのかなんなのか・・・
よくわかりませ~ん

でもって、最後にケーキ
おやつは別腹ってよくいうけど、何個お腹があっても足りないよ~
後は、コーヒーのんで、食後酒もいただく
ほんとイタリア人ってめでたい人種だ

なぜか今日はみんなゆっくりで、5時半ぐらいまでだらだらとおしゃべり。
私は山ほどの後片付けにおわれてくたくた
しばらくお肉もみたくないよ~
2007.03.09 女性の日
昨日、イタリアでは女性の日でした。
男性から女性に、ミモザの花を贈ったり、女性ばかりでお食事にいったりと、
さまざまですが、もともとの起源には悲しい背景があったりするのですが、
amoreさんのブログで詳しく書かれています)
今となっては、ただ女性を祝う日のようになっています。
どこでも、みんな女性にあったら「おめでとう!」と声をかけあったりします。私もパパのお母さんにケーキを買ってもっていき、おめでとうを言いました

さて、うちのパパはというと・・・
まず、朝仕事に行く前に、もちろん「おめでとう」の一言もなし
で、電話でも・・・何にもなし
別になんの期待もしていないけど、一応きいてみた・・・
「なんか言うことない
答えは・・・
「別にない・・・っていうか、俺は女性の日、反対派だ!」
[毎日、女性の日みたいなもんじゃない!」
だって
そのあとに冗談だとはいってたけど、
でも「おめでとう」の一言はなし
まあ、別にいいんだけど・・・とは思いながら、
ケーキの一つでも持って帰ってくれれば・・・
な~んて期待してしまった

家に帰ってきたパパ
期待したのがバカみたい・・・やっぱり手ぶら
やっぱこんなもんよね~

一応、ケーキやさんに寄ろうとは思ってたみたい。
でも、木曜日だから (この辺りでは、木曜の午後、スーパーなど、食料品関係のお店が休みのことが多い)
閉まっていたという→ほんとかどうか???
こんなケーキの売れそうな日に休みなんて・・・
さすがイタリア
かなりケーキを食べるモードにはいっていたのに・・・
 
結局、最後まで「おめでとう」の一言はなし
もう来年からは期待しないぞ~
2007.03.08 恐怖の抜歯?!
今日はパパが親知らずを抜くことになっていました。
以前に一本抜いたことがあって、普通に抜けなくて、歯茎を切開したらしく、
とてもとても痛くて、一人で歯医者さんから帰ってこれなかったそう。
首の辺りまで腫れ上がって、3日間、痛すぎて、夜も眠れなかったらしい・・・
 
私も4本抜いたけど、一本はかなり痛い思いをしたけど、3日間も眠れないなんて、
そんな話きいたことない・・・
やっぱりここはイタリアだから
それとも私が聞いたことがなかっただけなのか

とにかく、そうとうな怖がりようで、何日も前から抗生物質を飲み、
昨日の夜から、かなり心配していた。
で、今日は一人で帰れなかったらいやだから、ついて来てくれと・・・
え~、歯医者さん、けっこう近くなんだけど・・・
で、しかたなくついていき、問題なく無事に歯を抜くことができた
でも、まだまだ心配している様子・・・
これから腫れて痛くなるかもしれないからと。
 
歯科衛生士さんからきいた注意事項は
・今日は冷たい物しか食べてはいけない
・早く就寝してはいけない
・体を冷やしてはいけない
でした。
なんだか、日本とはちがうぞ~
ちょっと理解しがたいのは私だけなのかな
まあ、それはいいとして、
抗生物質は12時間おきよという念押しをされたパパ、
「えっ、今日はお昼の2時に飲んだから、次は夜中の2時?!」
だって・・・
今日までいったいどういう飲み方をしていたんだろう
子供じゃあるまいし、パパがいつ抗生物質を飲んでいたのか、
そこまで関知していない
「とりあえず、明日の朝また飲めばいいでしょっ」というと、
「え~、じゃあ2時から朝の間まで、抗生物質の効果がないじゃない
こんなに大きな穴があいてるのに~」って
私、目がテン
おまけに言った言葉・・・
「じゃあ、今半分だけ飲めばいいんじゃない
って、私、もう倒れそうになってしまった~
その後も、麻酔がきれかけてるから、早く痛み止めをのまなきゃ~と
大騒ぎ・・・

あまりの恐怖感に思考回路がくるってしまったのか、何なのか・・・
大騒ぎして、人騒がせもいいところだけど、
ともあれ、只今、いびきをかいて熟睡しております
さてさて、明日はどうなることやら・・・

2007.03.06 つぶらな瞳・・・
つぶらな瞳

この真っ白でつぶらな瞳をしている牛さん
ビステッカ・アラ・フィオレンティーナ(フィレンツェ風ステーキ)でおなじみの
キアニーナ牛さんです。
かわいいお顔をしていると思いませんか
はじめてこの牛をみたときは
なんてつぶらな瞳・・・と感激
あのおいしいお肉の持ち主とは思えない・・・

うちのパパは、このキアニーナ牛のほか、何種類かのイタリア産の牛を
最高の牛肉になるように洗練していく機関でお仕事をしています。
なので、お目にかかることがしばしば。

一般的にトスカーナ地方で飼育されているのが有名ですが、
もちろんこのウンブリア州でも、飼育している業者や農家が多いです。
お肉の味は、それはもう格別においしい
みなさんも、ぜひ一度食べてみてください
キアニーナ牛2

キアニーナ牛01

2007.03.04 かめときりん?!
昨日、娘と一緒に、パパの靴を買いに行きました。
今日はパパのを買うだけよ~と念を押したにもかかわらず・・・
予想通り、
私のも欲しい~攻撃
買い物大好きの娘・・・
まあ、いいのがあれば、いいかっ・・・
とまた気を許してしまった・・・

こういうことがあるから、なるべく一緒に行かないようにしているけど、
ほとんど一緒にいるから仕方ない。

娘は PRIMIGI という靴メーカーの靴が好き
というか、靴の箱が好き
というのも、箱が動物に変身するから

箱の中に、キットが入っていて、箱が胴体になる仕組み。
よく考えてあっていいんだけど・・・
ちょっとありがた迷惑?!
だって、作るのも少し面倒だし、
なんといっても、そのあと邪魔になる
おまけに、気に入った靴と、好きな動物の柄の箱が一致しないことが多い
だから選ぶのに時間がかかってしょうがない・・・
でも、こんなことも小さい間だけだろうから、
我慢してつきあわないとね・・・

というわけで今回選んだのはきりんさん。
このあいだ作ったかめさんとご機嫌で遊ぶ、遊ぶ
箱だけでこんなに遊べるのなら、喜ばしいことなのかも
子供ってほんとおもしろいな


きりんさん

かめさん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。